UFOキャッチャーをプレイしているとアームのパワーが変化することがあります。
今回はそのアームパワーの変化について解説します。
rect22277

※画像はクリックで拡大できます。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

一応記事タイトルの「UFOキャッチャー」はクレーンゲーム機全般を指しています。

一つの記事にまとめたら長くなりすぎてしまいました。
記事5個以上作れるぐらいの内容が詰まってます。
ここまで詳しく解説しているサイトは他にないんじゃないでしょうかね。


目次

  • 基礎知識&アームパワーの変化の説明の前に・・・
  • アームごとのパワーについて
    電磁石でアームを閉じるタイプについて
    図の説明
  • アームパワーは常に一定
  • 電磁石タイプの3本アームの機種
  • 通常時のパワー
    ボーナス機能
  • 確率機
  • 店員が設定した金額に未到達の場合
    到達後
  • 特定の動作ごとに細かくアームパワーを設定できる
  • アームが景品をつかんだ位置がエリアAの場合
    アームが景品をつかんだ位置がエリアBの場合
  • エリア別にアームパワーを設定できる
  • エリア
    アームが景品をつかんだ位置がエリアAの場合
    アームが景品をつかんだ位置がエリアBの場合
  • エリア別のアームパワーのランダム制御
  • エリア
    アームパワーのパターン
    エリアごとに特定のアームパワーのパターンの中から一つを適用する
  • 連続でプレイし続けるごとにアームパワーが強くなる
  • 通常時
    連続でプレイし続けた時
    さらに連続でプレイし続けた時
  • ペイアウトコントロール
  • 通常時
    設定金額よりも低い金額で獲得され続けた場合
    景品が獲得されない、もしくは設定金額を超えて獲得されることが続いた場合
  • リフトアクション機能
  • その他
  • 最後に

基礎知識&アームパワーの変化の説明の前に・・・

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

一部はすでに知っている人もいるかと思いますが、一応説明しておきます。


アームごとのパワーについて

アームごとに個別にパワーを設定できる機種やそうでない機種があります。

◯2本アームと3本アーム(電磁石タイプ)
左のタイプはアーム1本ごとに設定できます。
rect5134-4-64-7-1-4

◯3本アーム
rect5134-4-64-7

◯とある最新機種の3本アーム
rect5134-4-64-7-1

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

とある最新機種の3本アームは、左右2本は内部でつながって一体化しているのでパワーは共通、真ん中後ろのアームは独立しています。
数字はアームパワーを示していますが、数値は適当です。


電磁石でアームを閉じるタイプについて

ゲーム機による制御以外の原因でアームパワーが変化したり、おかしな動きになる場合があります。
rect5134-4-64-7-1-4-7

まず、仕組みとしては電磁石で内部のパーツを引っ張ってアームを閉じています。
引っ張るのをやめると重力で内部パーツが下に落ちてアームが開きます。
アームパワーは電磁石へ流す電圧で調整します。

また、電磁石でアームを開閉するタイプは以下のような特徴があります。
  • アームパワーの設定値が低すぎると電磁石が内部のパーツを引っ張りきれず、アームが開いてしまう。
  • 連続プレイすると電磁石が熱を持ち、パワーが落ちてしまう。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

いずれも設定ミスや構造、設計上の問題であって、ゲーム機自体がパワーを制御し変化させているということではありません。


図の説明

これから図を用いてアームパワーの説明をしていきます。
図では現金投入後からの【左右移動→奥移動→アーム降下】は省略していきます。
【景品をつかむ→掴んで上昇する→移動する】ときの図となります。

rect5134-0-31

また、表記のアームパワーの数値については一例となります。
機能の名称についてもゲーム機メーカーにより異なる場合があります。

アームパワーは常に一定

アームパワーの変化(増減)が一切ない。
プレイ中の特定動作、プレイ回数などによるアームパワー変化は一切なし。
rect5134-4-6-9

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

2000年以前のほとんどの古い機種はアームパワーの制御機能は搭載されていないか、搭載されていたとしてもかなり簡単な制御にとどまっていると思います。


電磁石タイプの3本アームの機種

通常時のパワー

2つの動作時にそれぞれのパワー設定が可能です。
  • 掴んで持ち上げるときのアームパワー
  • もちあげたあと移動するときのアームパワー
rect5134-4-2

まれに以下のような持ち上げる途中にアームパワーが切り替わるものがあります。
rect5134-4-2-1

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

2つのアームパワーの切り替えタイミングを1プレイごとにランダムにずらして、アームパワーが変化していることをプレイヤーに気づかれないようにするランダム機能が搭載されている機種もあります。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

2つのアームパワー設定値に差がありすぎるとあまり意味はないですけどね。


ボーナス機能

特定回数プレイするごとにアームパワーが最大になるボーナス機能です。
ボーナスは1回で終了、もしくは景品を獲得するまで継続のどちらかです。

例:50回プレイするごとにボーナスが発生、ボーナスは景品を獲得するまで継続。
ボーナス発生時は以下のように常にフルパワーとなります。
rect5134-4-6-2

ボーナスが終了すれば通常のアームパワーに戻ります。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

厳密には確率機ではないのですが、通常時のパワーを極端に低くしてボーナス発生時にしか景品を獲得できないような設定だと確率機と同じ状態になってしまいます。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

ボーナス機能を搭載している機種が確率機と言われているのはこれが原因です。
一般にはボーナスの発生を「確率が来る」と表現しているようです。


確率機

店員が設定した金額に未到達の場合

特定のタイミングでアームパワーを下げて景品を落下させることで100パーセント絶対に景品をプレイヤーに獲得させません。 rect5134-4-2-7

到達後

通常のアームパワーになります。
その後は景品を獲得されるまで変化しません。
景品を客に取らせようとするサポート機能は一切ありません。
rect5134-4-2

特定の動作ごとに細かくアームパワーを設定できる

以下の動作時にそれぞれのアームパワーを設定できます。
  • つかみ時
  • 掴んで持ち上げる上昇時
  • 持ち上げた後の景品落とし口上部までの移動時
つかみ時のパワーから上昇時のパワーに切り替えるタイミングの設定も可能です。
アームがフロアの底から何センチの高さまで上昇した際に切り替わるか設定できます。(高さを指定)

左右の基本のアームパワーそれぞれ設定し、持ち上げ時は基本のパワーと同じ、つかみ時・移動時は基本パワーを基に左右一律に設定した値を加減するという方式の機種が主です。
rect5134-4-20

エリア別にアームパワーを設定できる

まず、景品の置いてあるフロア(フィールド)をいくつかに分割されたエリアがあります。
エリアは景品落とし口が自由に設定できる機種の場合はエリアの形もある程度自由に設定できる場合もあります。
また、エリアは固定されていて変更できない機種もあります。

エリア

基本的には景品落とし口に近いエリアと遠いエリアの2つ設定されていると思います。
rect5134-4-2-1-9

アームが景品をつかんだ位置がエリアAの場合

アームパワーは強め↑になります。
rect5134-4-2-1-9-6-5

アームが景品をつかんだ位置がエリアBの場合

アームパワーは弱め↓になります。
rect5134-4-2-1-9-6

景品は最初にエリアAに配置します。
最初はアームパワーが強めで景品がよく動くので、客はプレイ意欲が途切れることなく継続してプレイし続けます。
その後、景品落とし口に近づいたときは難易度が高くなり売上回収モ-ドになりますが、プレイヤーは今まで通りのアームパワーだと思っているのでプレイをやめずにプレイし続けます。

この機能はもうすぐゲットできるという状態のときに諦めてしまうのは損だという心理を利用して最初から最後まで継続して客にプレイをさせるというような意図だと推測できます。

エリア別のアームパワーのランダム制御

アームパワーのパターンが複数用意されており、景品をつかんだエリアごとにアームパワーがパターンの中から変化するという機能です。

エリア

さきほどの図と同じです。
rect5134-4-2-1-9

アームパワーのパターン

実際のパターン数はこれより多いです。

◯パターンA
rect5134-4-2-3

◯パターンB
rect5134-4-2-3-9

◯パターンC
rect5134-4-2-3-6

エリアごとに特定のアームパワーのパターンの中から一つを適用する

  • エリアA
  • パターンA発生確率70パーセント
    パターンC発生確率30パーセント

  • エリアB
  • パターンA発生確率30パーセント
    パターンB発生確率70パーセント
no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

数値は例です。
エリア別にアームパワーが設定できる機種は珍しくはないですが、エリア別にランダムに制御するような機種はほぼ無いんじゃないでしょうか。
一応紹介しておきます。


連続でプレイし続けるごとにアームパワーが強くなる

連続プレイ回数に応じてアームパワーが強くなっていきます。
連続プレイ終了時、景品獲得時、一定回数(設定された回数)到達時にアームパワーがリセットされます。

通常時

rect5134-4-7-9

連続でプレイし続けた時

rect5134-4-9-2

さらに連続でプレイし続けた時

rect5134-4-9-9

ペイアウトコントロール

メーカーによってはペイアウトサポートやらくらく運営などともいいます。
ペイアウトとは(景品を)払い出すという意味で、設定された金額で景品を払い出す(プレイヤに獲得させる)ようにゲーム機が自動で難易度を調整してくれる機能です。
難易度の調整はアームパワーの調整により行われます。
確率機とは違い、景品が獲得されないとアームパワーが強くなって獲得させようとするサポートのような機能もあります。

通常時

rect5134-4-7

設定金額よりも低い金額で獲得され続けた場合

アームパワーが弱くなります。
rect5134-4-64

景品が獲得されない、もしくは設定金額を超えて獲得されることが続いた場合

アームパワーが強くなります。
rect5134-4-9

通常パワー、通常時よりも強いパワーの2種類のみでペイアウトコントロールを行う機種もあります。
基本的には景品は複数個ごとに調整(例:景品10個の平均獲得金額が2500円になるように調整)されます。
設定金額2500円で200円で景品を1個獲得されたから次のプレイは約5000円で獲得させるように調整されるわけではありません。
直後のプレイだけに大きく影響するのではなく、直後からその後継続して少しだけ難易度が上がります。

リフトアクション機能

景品を掴むときに設定したパワーを加算する機能がある機種があります。
上昇中にもとに戻ります。

rect5134-4-2-3-6-4

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

つかみ時、上昇時、移動時にそれぞれ個別にアームパワーを設定できない機種においてアームパワーの項目ではなく、アームのアクション(動作)の項目で設定できます。


rect22277-1

その他

アームパワーと関係ない設定・機能もありますが、一応記載しておきます。
  • ステルスパワー機能
  • 客にばれないようにアームパワーを変更できます。
    (ゲーム機の下にあるメンテンナス扉を開けなくてもパワー変更が可能。)
  • リミットアクション機能
  • 上昇後にアームユニットを揺らす。
  • 景品掴み後、上昇タイミング設定
  • 景品を掴んだ後すぐに上昇するか、少し止まってから上昇するかを設定できる。
  • アーム押し込みパワー設定
  • アームが下降し景品やフロアにぶつかるなどした際に押す力の強さを設定できます。
    弱だと下降中になにかにぶつかったらすぐにつかむ動作に移り、強だとある程度下へ押してからつかむ動作に移ります。
  • 上昇、移動スピード設定
  • それぞれのアームユニットの動作速度を設定できる。
  • ベンディングモード/フリープレイ
  • 一定回数プレイしても景品が獲得できない場合、一定回数プレイ後にフリープレイとなります。(料金無料でプレイできます。)
    景品を獲得するとフリープレイ終了となります。
  • ルーレット方式のプライズ機
  • ↓こちらの記事で解説しています。
    「プライズ機「トライポッド」は確率機?」
  • 景品がフックに吊るされ回転していて、タイミングよくハンマーでフックを叩いて景品を獲得するタイプのプライズ機
  • ↓こちらの記事で解説しています。
    スウィートゴーランドは確率機?
  • 某最新のクレーンゲーム機
  • ↓こちらの記事で解説しています。
    最新クレーンゲーム機「クレナハイブリッド」の仕様まとめ

最後に

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

現在はペイアウトコントロール機能が搭載されたクレーンゲーム機が主流となり、アームパワーにゲーム機による一切の制御がないクレーンゲーム機は珍しいんじゃないでしょうか。
「アームパワーが変化するクレーンゲーム機=確率機」と説明しているブログがありますが、厳密に言うと間違いです。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

また、説明は省略しましたが、併用して複数の機能を同時に使用できる場合もあります。
(併用不可のもののほうが多いですが・・)

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

アームパワーの制御についてはプレイヤーのスキルのみによって景品を獲得させるべきであって、ゲーム機によるアームパワー自動調整による介入は悪であると考える人もいるかと思います。
たしかにゲーム機によるアームパワー制御が主流になっていく流れが良いものかどうかは微妙なところがありますね。
プレイヤーのスキルのみで景品を獲得できないクレーンゲーム機は”ゲーム”といえるんでしょうかね。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

クレーンゲーム機は必ず景品が獲得できると保証されているわけではありませんし、2~3万円注ぎ込まないと獲得できないような難易度のものもあります。
そういった性質のゲームであるということもしっかり理解しておいたほうが良いと思います。

no-img2″>
 <figcaption  class=
管理人

小売店のように棚に商品をたくさん並べて少ないスペースで効率的に販売できればいいのですが、クレーンゲーム機自体1台60~100万円しますし、スペースもたくさん必要となり、小売店と比べるとどうしても非効率でコストがかかってしまいます。
そのコストがプレイ料金に上乗せされる形となります。
ネットで買ったほうが安いなんて場合もよくあるかと思います。

no-img2″>
 <figcaption  class=
マイ

景品にだけお金を払うというより、一連のプレイに対してもお金がかかるという感じでしょうか。
クレーンゲーム機は単なる自販機ではないですからね。